【クラクラ】普通に援軍8ユニット寄付していた当たり前のことが実は高いクランレベルの恩恵であったことを思い知り独立したことを後悔する